40代女子、東京一人暮らし日記

在宅ワークをしながら、マイペースに生きています。ストレスを溜めないことには全力投球。

ネイルサロン考察

昨年着ていた真夏用のコットンキャミワンピを着たらキツい感じがしました。

容易に予測できたことだけど、ガーン(古い表現)。

でも、久々に「夏ワンピ!」っていうのを着てみたら、ちょっとウキウキして、引きこもりでつい忘れがちになってしまうオシャレ心をかろうじて思い出し、久々にマネキュアなどを塗ってみました。

これ、おうち時間の充実に♪とか思って、GWあたりに買った(そして使ってない)やつだったかな。

久々に出したものの案の定うまく塗れず、今は一応塗ってあるけれど、近いうちに落としてしまうだろう。。

やっぱりネイルはネイルサロンでやってもらいたいかも、と思ってホットビューティーを漁ってみたり。

今日はそんな?ネイルサロンのお話。

f:id:harunalife:20210713014518j:plain


私はいわゆるサロンと呼ばれるものには今はヘアサロン=美容院にしか行っていません。

ネイルは、ネイルサロン→セルフジェルネイル(ちょっと習ったりもした)→ネイルサロン→やらない→ネイルサロン→ペディキュアのみ行くようになる→やらない(イマココ)って感じですかね。

もっと無限ループしてるかもしれない。

最近まで、まつげパーマはかけに専用サロンに行ってました。

これはまたふらっと行くと思います。

なんか、まつげをぐいっと上げたい気分の時があるから笑。

定期的に行くのは美容院、たまに行くのがまつげパーマというところで落ち着いていて、ネイルサロンが1番迷走している気がします。

 

ネイルはですね、パソコン仕事なので綺麗にしたらテンション上がるのはわかってるんです。

ヨガをやっていたので素足を見る機会も多く?、冬でもペディキュアしてあると可愛いなと思っていたし。

しかし、結局は予約したり行ったりするのが面倒臭いというところに落ち着いてしまう。

これっていわゆる女子力低いってことなんだとは思うのですが、綺麗になってストレス解消するために行く場所に、予約して行くことがストレスになってしまうのが本末転倒だなと思っているところがあります。

日本語が変でわかりづらいですが。

「何かに予約して予定を確保する」ってことが苦手なのかもしれない。

そんなに忙しくないくせに、なんとなく数時間の予定が重荷になるというか。

素敵女子だったらきっとウキウキでその予定を楽しみにできるんだろうけど、もちろん私も少なからず楽しみなんだけど、どうしても負担感がぬぐいきれず。

あと、やっぱり仕事の要件が入ってドタキャンになってしまうこともあって、ちゃんと連絡する人ではありますが、申し訳ないし。

サロンって基本的には「行かなきゃ。。」って思ってストレスに感じてしまうくらいだったら思い切って行かなくて良いのかなーくらいに思っています。

じゃあ何で美容院は行くのかよって言われたら、「行かなきゃ。。」ストレスもあるけど、それよりも髪がバサバサになったりする方が圧倒的にストレスなので、行くことのストレスに勝つんですよね。

というか、行くストレスを考える余地もなく行くものって感じ。

ネイルは別に放置しておいても適度に切ってれば清潔感は保たれるからなー。

と言いつつ、時々襲ってくるネイルサロン行きたいモード。

可愛く保ちたいことと面倒くさいことのある意味ちょうどいい狭間、その揺れる心も含めてネイルって感じがしますね。

なんか、男性の方にはわかりづらいかな。

いや、女性にもわかりづらいとても私的な感情かも。

 

どっちかに振り切れている人や行くタイミングを決められている人(まめに通う、一切やらない、結婚式やパーティ?など特別な時だけ行くなど)が、とてもうらやましいです。

ネイルサロンに通うか通わないかの是非じゃなくて、なんかちゃんと自分のスタンスを決められている人っていいなって思っています。

こうゆう些細なことも含めて、何事も決めることでタイムロスを防げる気がするします。

私もネイル以外のサロン系はわりと通うスタンスを決めているんだけど、何でネイルだと迷ってしまうんだろう。。