40代女子、東京一人暮らし日記

在宅ワークをしながら、マイペースに生きています。ストレスを溜めないことには全力投球。

テレビを手放した日

夜中は豪雨だったみたいですが、起きたら雨はあがっていました。

安定の14時起き。

私の部屋は自動でカーテンを閉めてくれるガジェットを使っていて、今は18時に閉まるのですが、起きるのが遅いとオープンしている時間が少なすぎて(実際は寝てる間に開いているけど)悲しくはなります。

 

今日はメルカリで売れたテレビを引き取ってもらいました。

f:id:harunalife:20210703145209j:plain

いつもの考え方で、有料粗大ゴミで出すなら、配送料が賄えるくらいの値段でいいので売って処理しようという。

古〜いモデルなのに、意外と早く売れてびっくり。

 

テレビは本当に観ない人なのですが、なんでだか引っ越しのタイミングで持ってきてしまったんですね。

なんか、観ないくせにいざとなったら観れるようにしておきたかったというか。

震災とか災害がきたら必要かなとか。

たぶん、最後に使ったのが東日本大震災の時だったと思うので。

あ、リモートワークが始まったくらいの時、急遽サイドモニターとして使っていた時期はありました。

でも結局ちゃんとしたモニターを買っちゃったし。

 

狭い部屋なので収納しておくだけでもちょっと邪魔だったんですよね。

土台が折り畳めるタイプで、薄くコンパクトに保管できる方だったので、ハンバーラックの後ろに忍ばせておいたけど、常に感じるちょっとした存在感。。

なんかイマイチ美しくない感はありました。

観てなかったとはいえ、10年以上部屋にあったのでちょっと寂しかったり?

いや、でもよく考えたらそんなに使ってないものをずっと所有していたことに謎は残ります。

極力、身軽にしているつもりだけど、そうゆうものは他にもありそう。

本とか、資料とか、服とか、もっと捨てないとな。

 

 

あと、テレビを思い切って捨てられた理由としては、もちろんインターネットがあるからなのですが、Tverの存在も大きかったと思います。

https://tver.jp/

今さら。

これでたまにニュースとか、カンブリア宮殿とか、情熱大陸など渋い?チョイスのテレビ番組を観ています。

古畑任三郎の再放送が観れたのはとっても良かった。

 

大物を捨てると、独特の気分スッキリ感がありますね。

今日はちょっと仕事をがんばりたいと思います。