40代女子、東京一人暮らし日記

在宅ワークをしながら、マイペースに生きています。ストレスを溜めないことには全力投球。

積読を消化しつつある

もともと読書は好きな方なのかなーと思います。

自分としてはそんなに読書家なつもりはなくて、読んでる人って水を飲むように月数十冊のペースで読んでいたりするから、そういう人に比べたら全然だけど、本棚があって、ある程度本はびっしり入っているタイプ。

読まない人って本棚持ってなかったりしますよね。

本棚がないのは、電子化して家のスペースを確保している場合もあるかもしれないけれど。

そもそも、読書しない本読まないからダメとは全然思っておらず、個人の自由かなと思います。

本読まないのに優秀な人もいっぱい知ってるので。

とはいえ、最近YouTubeばっかりにかまけていたこと、リモートワークになって電車による移動時間が減ったことなどから、なんか読書めんどくさいモードになっておりました。

なのに、本はなんだかんだ買ってしまう。。

特にビジネス書なんかを買うと、買うだけでちょっと安心してしまったりするんですよね、、一番良くないパターンな気がするけど。

量としては、ざっくりリアル本20冊弱、Kindleに10冊弱くらいですかね。

積読が多いのか、少ないのか、よくわからずですが、自分的には「ああ、読まないと。。」って若干心の漬物石になっている感じ。

多少のストレスではあります。

さて、消化の方法ですが、私の場合「カフェにこもって読むぞって感じで読む」が1番読書が進むのかなと思っています。

その作戦(というほどのものではない)で、先週土日は時間に余裕があったこともあって、リアル本2冊、Kindle本2冊を消化。

カフェはおしゃれカフェとかじゃなくて、ドトールとかそんな感じ。

土曜は天気が良かったけど暑すぎなかったこともあって、スタバのテラス席をお借りしました。

テラス席は、換気的な心配がない点でとても良いですね。

「読書は隙間時間にするもの」みたいな考えもあって、私もちょっとした移動時間など隙間時間に消化するのが効率的だとは思うんです。

でも、そもそも移動時間が圧倒的に減ってしまったこともあるし、これは私だけかもしれないんですけど、隙間時間にちょこちょこ本を読む形だと、前回読んだことを忘れちゃったりするんですよ(笑)、物語はもちろんだけど、それ以外も結構ストーリーで読みたいというか。

なので、自分にとってSustainable(持続可能)な方法って、休日ある程度時間がとれるタイミングで、本を持ち込んで集中して読む形なのかなと思います。

ちょっと非効率なのかもしれないのですが。

あと、積読派?におすすめしたいのは、積読タワーです。

 

これは、本を横にどんどん積読できます。新鮮!

本棚は本棚で持っているんですけど、読んでる途中の本、読み終わったけど仕事で使いたい本、ライフハックとか投資関連とか興味があって再度読みたい本などを、仕事用チェアの左手に設置してテキトーに積んでます。

すぐ手にとれますね。

ちょっと話それましたが、、しばらく「休日はカフェに籠る」方法で、積読を消化していきたいなと思っています。