40代女子、東京一人暮らし日記

在宅ワークをしながら、マイペースに生きています。ストレスを溜めないことには全力投球。

サーキュレーター四変化

毎日、本当に暑いですね。

なるべく日中は外出しないようにするのはもちろん、陽が落ちてからの散歩も日傘を差すようにしました。

夜になると、ちょっと風が気持ち良かったりするのだけど。

 

散歩や買い物以外は引き続き室内で過ごすことが多い私ですが、先日購入したサーキュレーターをほぼフル稼働しております。

これは実物ではなくてイメージ写真。

f:id:harunalife:20210723022309j:plain

使い方もようやくわかってきたような。。

今のところ、この4パターン。

やや手間な気もするけど、軽くて持ち歩き用の取手もあるものなので、今のところちょこまか移動させるのはそんな苦でもないです。

 

1、エアコンをつけている時

これが圧倒的に多いのだけれど、エアコンの下に置き、エアコンと同じ方向に向かって真っ直ぐに風を送っています。

角度はつけず、正面にぶわーって風を送る感じ。

冷たい空気が下に溜まるのを防いで、室内全体が涼しくなるよう、空気を循環してくれます。

これやるとのやらないとでは、湿度が2%くらい違ってくる気がする。

 

2、エアコンをつけていない時

1、で空気を循環させているとはいえ、寝る時はエアコンをつけない(またはタイマー)にしないと、さすがに朝起きた時に冷たい空気が溜まってるような気がします。

つけっぱなしは寒いと思う派。

エアコンをつけていない時は、斜め上の天井の角に向けています。

暖かい空気をゆっくり押し下げて、空気を循環してくれる効果があるそうです。

低い位置が冷え過ぎず、ほとほどに涼しい感じを保ってくれる感じ。

 

3、朝起きた時

これは朝起きた時ではなくてもいいかもしれないけど、窓を開けて空気を入れ替えたい時は、窓(網戸)に直接あててます。

角度はちょっと斜め上。

これによって外の空気と中の空気を効率よく循環してくれるらしい。

エアコンの季節でも、空気の入れ替えはしたいと思ってるので、この使い方は結構知って良かったなと思ってます。

 

4、タオルを乾かす時

ドラム式洗濯乾燥機+浴室乾燥機を使っている私は、洗濯物を室内に干すことはないのですが、お風呂で使ったタオルなどは一時的に乾かす必要があります。

梅雨の時期は部屋干しの生乾きの匂いが本当〜に気になっていたのですが、お風呂出た後、室内に吊るしたタオルにしばらく直撃させると、めっちゃ除湿してくれる気がする。

これが1番良かったなーと思っていることですかね。

私はちょっと上の位置がタオルの乾かしスペースなので、斜め上に風を送ることになり、空気循環にも役立っているかも。

 

と、今のところこの4パターンで使っています。

角度はつけるけど、全部直風で使っていて、首振り設定にはしていません。

首振りにすると、どうしても人体(=私)に当たってしまうから。

扇風機と違って、サーキュレーターは直接当たらない方が良いんですよね。

 

ネットを調べ出すとサーキュレーターの使い方情報が膨大にあってやや混乱すらするのですが、私は部屋に湿度計があるので、夏場は60%以下に保てればOKかなとゆるい気持ちで使ってます。

 

空気を循環させるってたぶん気分的にも結構大事なのではないかと思うこのごろ。

空気の流れが滞るとメンタルにも結構影響をおよぼす気がしていて、サーキュレーターを使うことでちょっとストレスが減るというか、気分的に良い効果があるような気がしています。

その辺がちょこまか位置を変えるのにストレスになっていない理由かなあ。

今、キッチンに冷風を送るパターンをちょっと調整中で、たぶん5パターンになりそうですが、めんどくさーってならない程度に上手く使っていきたいと思います。

QuizKnock Lover

私的には5連休4日目。

世の中的には4連休3日目。

コロナがあってもなくても、オリンピック開催以降は引きこもりを決めこんでいた私ですが(散歩は別)、今日はオンラインのイベントを申し込んでいてとても楽しみしています。

大好きYouTubeチャンネルの1つ、QuizKnockのLINE LIVE

viewing.live.line.me

どうみても小中学生向け、まあ100歩譲って高校生大学生も含まれる可能性あるけど、40歳過ぎているのに堂々と参加する私。

堂々とって言ってもオンラインだからね。

いい時代だ笑。

 

私がYouTube観るようになったのって、ホントQuizKnockのせいなんだよなー。

「せい」って言い方悪い感じがするけど、でもQuizKnockに出会った時は久々に全力で好きだと思えるものを見つけた気がして、本当にワクワクしました。

昨日もちょっと書いたけれど、もともとはあまりYouTube自体にいいイメージを持っていなかった私。

そもそも対象年齢から大外れしているから、ピンと来ないのが当たり前といえば当たり前なんだけど、何が面白いのかよくわからなかったんですよね。

でも、当時何となくカジサック(キングコング梶原さん)だけ観ていたのです。

深夜放送時代のはねトびを観てたのでちょっと応援してたのと、お子さんがとても可愛かった(今は観てないけど、特に次男のコジロウくんは超可愛いと思う)。

QuizKnockはカジサックとのコラボで知ったのですが、東大卒クイズ王の伊沢さん(も当時は知らなかった)を中心に、色んなタイプのクイズを東大メインの高学歴メンバーガシガシ解いてくのがとっても面白くて、あっという間にはまりました。

そういえば、高校生クイズとか、アメリカ横断ウルトラクイズ(古い?)とか、結構好きだったな。

好きな動画はたくさんあるけど、たとえば、ちょっと古い動画だけど、問題文に文字がなくて句読点だけなのに、何の問題かわかって、答えられちゃうこれとかすごすぎると思う。

www.youtube.com

超エリートなはずなのに、頭の良さを鼻にかけず、それぞれ個性を持ったメンバーも素晴らしすぎ。

企画力も本当にびっくりするくらい高くて、YouTubeにこんな質の高いコンテンツがあったんだなーと思ってQuizKnockにはまり、それからYouTubeの沼に落ちた気がする。

今はQuizKnockと並ぶくらい大好きな東海オンエアも、QuizKnockがファンだと言っていたのと、コラボきっかけで好きになったんだよなー。

そう、エリート集団なのに、ちゃんと他の面白系YouTuberにもリスペクトを払ってる感じもとても好きです。

 

私はクイズ自体は当然わからない問題の方が多くて(というかほぼわからない)、確かにQuizKnockを観始めてちょっとした雑学を学んだりはしたけど、たぶん知識よりクイズのプレイングが好きなんですよね。

早押しクイズなんて、まさにスポーツ状態。

え、まだ問題文5文字しか読んでないじゃん、みたいな。

膨大な知識力とクイズへの対応力に、いつでも驚かされます。

肩書きに「クイズプレイヤー」って書いてる人もいて、それもかっこいいなーって思っている。

クイズと勉強はまたちょっと違うと思うんだけど、「勉強できるってカッコいい」という世界観を嫌味なく発信し続ける彼らに、心からのリスペクトを。

 

オンラインイベント楽しみたいと思います。

トーマスガジェマガさんの『ムダの省き方』

オリンピックが始まりました。

テレビを持っていないこともあって、なんだか実感がないのですが、オリンピックって時差の違う国の競技を夜な夜な観るのが楽しかったような記憶があります。

W杯なんかもそうかな。

私はかなり夜型なので、なんかその時期は遅くまで起きてるのが一人じゃない感を味わえてちょっと嬉しいというか。

国内開催だとリアルタイム視聴しやすいけど、時差ずれの楽しみ?は味わえず。

 

さて、オリンピックに全く関係なくYouTube関連の話。

私はAmazon楽天ブックスで本を買うことが多いのですが、ある日突然「発送のご案内」みたいなメールが来ることがあってちょっとびっくりするんだけど、それは記憶喪失なだけであって、予約注文していた本がようやく発売になって発送されたよってことなのです。

そんな感じで最近届いた1冊がこちら。 

トーマスガジェマガさんの書籍です。

もともと、YouTubeをよく観ている方の一人で、予約してたんだなー。

ガジェットやライフハック系の情報に強い人。

www.youtube.com

以前から買ってよかったものは結構参考にしてました。

ドラム式洗濯乾燥機、空気清浄機、ロボット式掃除機はたぶん型番も含めて全部おそろいです笑。

怖ー(私が)。

昨年、ちょうど引っ越してモノがなかった頃に観ていたこともあるけど、合理的な考え方が好きで納得感も高く、かーなーりー影響を受けている人の一人です。

本のタイトルにあるように、お金や時間の最適化について彼なりの考えと実践を余すところなく提供してくれる感じ。

買うものじゃなくて、要らないものも結構参考にしたかな。

私の部屋には、ローテーブル、カーペット、スリッパ、炊飯器、排水溝の蓋などがありません。

物を持つと、それだけ時間を失うっていう考え方が好きです。

でもミニマリストではないので、価値あるものにはちゃんと投資する、バランス感覚がある人。

そのバランスの最適解はたぶん人によって違うと思うのだけど、自分の判断軸をどこに持つかを考えるきっかけになったのが1番よかったかな。

最高月収500万超えらしいですが、そんなに稼いでない人(もちろん私も)でも充分参考になります。

固定費を下げるテクとかもあるし、金銭感覚がおかしい方ではないので。

 

でも1番参考にしてるのはライフハック的なことより、個人事業主(法人化してるかもしれないけど)として、成功されているところですかね。

国家公務員や渋谷のITベンチャーを経て、ブロガー兼YouTuberとして戦ってきた中で培ってきたであろうマインドが結構生々しく心に響きます。

組織に頼らず、自分で稼ぐことができたっていう成功体験を持っている人。

そうゆう人はたくさんいるんだろうけど、それを綺麗ごとじゃなくて、ゴリゴリ本音(ちょっと口悪い系ではある笑)で語ってくれるところが良いです。

 

YouTubeは早口で頭にスッと入ってくる感じが気に入っています。

これは本を読んで知ったことだけど、営業経験(居酒屋キャッチ含む)ありなのもちょっと納得。

とはいえ、多くの内容はYouTubeですでに知ってた情報が多かったけど、改めて表紙にあるような「やめる、捨てる、攻める」って大事だなーと思いました。

 

余談ですが、YouTubeのこと「(昔は)馬鹿が馬鹿をやるのを馬鹿が見るもの」って表現してて、とってもトーマスさんぽいなと思いました。

たぶん私もそう思っていたんだろうなー。

ちなみに、今は違うってちゃんと書いてあります笑。

余熱調理から色々学ぶ

料理は得意ではないですが、料理系のYouTubeはちょこちょこ観ます。

苦手だからこそ観る。

簡単に作れて美味しいものはないかと。

好きなチャンネルの1つ、料理のお兄さんリュウジさんのチャンネル。

いつもハイボール飲んで酔っ払っていて楽しそう。

アルチューバーって言われてるらしい、呼んだ人は上手いと思う笑。

www.youtube.com

この無限鶏肉はまさに簡単で美味しいレシピです。

レンジを使うのですが、レンジって機種によって温め時間が微妙に異なるし、鶏肉の温度(常温推奨)とか、グラム数とかにも左右されるので、ちょっと試行錯誤中ではありますが、鶏胸肉が簡単に美味しくなるレシピはありがたい。

このレシピで「そうなんだ〜」って思ったのは、レンチンが終わった後、5分くらいレンジに放置して余熱調理するという考え方。

予熱じゃなくて余熱ですね、余った熱。

鍋とかだと、一般的かもしれないけど。 

f:id:harunalife:20210721223823j:plain

確かに、鍋だけじゃなくてレンジも設定時間後もしばらく温度が高いので、余熱を使うのって合理的な気がします。

ゆっくりと熱が加えられる感じも、なんか美味しさに貢献してくれる気がする。

そこも計算に入れられると、なんだか料理スキル上がった感じ。

上がってないか。

 

さて、余熱調理の考え方って、料理はもちろんだけど、色々応用が効くと思っています。

料理で言うと、私はお味噌汁は火を止めてから味噌を溶いてます。

沸騰させると味噌の風味が飛んでしまうので火を止めるタイミングに結構気を遣っていたのですが、なんかネットで火を止めてから溶いてる人がいたので真似しています。

確かに火を止めても急に冷めたりしないですよね。

あと、私の部屋は浴室乾燥機がついているのですが、タイマーが切れてちょっと乾ききってないかなと思っても、いったんスイッチを切って放置しておくと意外と乾いてたりしますね。

スイッチオンの時だけでカラカラに乾かす必要はなし。

そして、これはなかなかできないことも多いんだけど、クーラーとかもできれば出かける少し前の時間には切りたいところ。

エコロジー全部そうですね。

熱って結構余るんですよね、当たり前だけど。

たぶん、常識的に意識できている人はたくさんいると思うのですが、私がイマイチ心がけられていなかったなーと、レンジ料理レシピを観て改めて思った次第です。

インテリアに馴染むボックスティッシュ

やったー。今日は休みなので5連休です。

ウキウキ。

夏休みも9連休とれることになって嬉しい限り。

ダラダラしたいところだけど、ちょっとは仕事絡みの勉強や積読消化もしたい。

間をとって?掃除やレイアウト変更などをして過ごす気がします。

別に間とってないか。。

 

さて、料理はあんまり得意でも好きでもない私ですが、掃除は好きだと思います。

やり始めれば1日できる気がする。

引っ越してちょうど1年くらいですが(もうそんなにという気持ち大)、いまだにちょっとしたレイアウト変更をしたり。

もうちょっと買いたい家具もあるし、楽しいですな。

今日はお部屋関連のちょっとしたネタ。

 

YouTubeでおしゃれルームツアー的なものをよく参考にするのですが、みなさん生活感を隠すために、洗剤やシャンプーなどを別の容器に入れたりしてますよね。

ボックスティッシュもその1つ。

私も、手持ちの適当に買ったボックスティッシュが、あまりセンスない感じの派手な色使いだったので、見習ってボックスに入れるようになりました。

とりいそぎ買ったダイソーのもの。

底もあったんですけどね、カチャッてはめるのが面倒で捨てました笑。

f:id:harunalife:20210721010845j:plain

高級感はないけど、遠目で見たらスッキリ。

 

でも私は手持ちのボックスティッシュがなくなったら、そもそもの見た目がシンプルなものを買って、カバーをつけかえるのをやめようと思っていたんですよね。

なぜなら入れ替えが面倒くさいから。。。

新しく買ったボックスティッシュはこちら。

ビニールは開けてしまったけど5個パックのやつ。

f:id:harunalife:20210721011844j:plain

ロゴがわかりにくいけど、そこが良いです。

セブンプレミアムのもの。

セブンイレブンで5個パックは見つけれなくて、イトーヨーカドーで買いました。

これじゃなくてもいいんだけど、カバーをかけなくても耐えうるものが欲しかった。

私はボックスティッシュはワゴンの中に置いているから細かい模様は目立たないので、もうちょっと柄あっても大丈夫なくらい。

 

YouTubeのルームツアーに出てくるような人がすごいと思うのは、ボックスティッシュのカバーはもちろんなんだけど、洗剤とかもきちんとおしゃれな容器に入れ替えてるところ。

洗剤とかはもともと入れ替えで使うことが多いと思うので、手間は変わらなそうだけど、1番すごいと思うのは、棚の中とか見えないところにしまってあるものでも、きちんと入れ替えてるところですかね。

見えるところはね、わかるんですけど。

おしゃれなラベル(と言っても100均とかにあるらしい)とか貼って、マメですごいなーと思います。

でも確かに、ドラッグストアにあるような日本の洗剤とか化粧品関連のパッケージは生活感満載すぎですよね。

そもそものパッケージがスッキリしたものがもっとあると良いなと思っています。

HIKAKINさん10周年

暑い。

コロナがなくとも引きこもっていた方がよい季節。

散歩のせいで焼けたかもしれない。。とZoomに映る自分を見て思うこの頃。

部屋のレイアウト変更で、ライトの位置が変わったからだと思いたいけど。。

 

さて、相変わらずYouTube Loverの私ですが、昨日はHIKAKINさんが今のYouTubeチャンネルを始めて10周年だったそうです。

www.youtube.com

すごいことだー。

何事も10年やるってすごいんですけど、特にYouTubeってかなりエネルギーというパワーを使いそうな気がするのでなおさら。

HIKAKINさんってたぶんYouTubeが今みたいに収益化して、職業となる前から続けていらっしゃるんですよね。

私の好きな東海オンエアとかもどちらかと言うとその部類だと思っている。

そのフロンティアスピリッツというかパイオニア精神的なところもかっこいい。

HIKAKINさん好きな子どもって多いと思うんだけど、なんかその辺のマインドみたいなところにぜひ感銘を受けて欲しいわ(何様コメント)(すみません)。

あと、ビートボックスという彼ならではの技術?を持っているところも素敵です。

最初はそれがきっかけでYouTube始めたはず。

発信したいコンテンツがある人に対して、すごくリスペクトがあるので、私は。

 

小池都知事と対談されていた時は、あ、この人自分の発信力をすごく良くわかっていて、良い方向に使える人なんだなって思ったんですよね。

それまでは、小中学生に人気のタレント系の印象が強かったけど、それだけじゃないんだな、そりゃトップYouTuberともなる人なんだから只者じゃないよね、って改めて思った記憶があります。

 

YouTube界ではかなり大御所感あふれているけど、まだ32歳なんだってね。

若いー、若すぎると思う笑。

32歳なんて何もしてなかったけど、私笑。

 

もっと小中学生向けに全振りしているのかと思いきや、たまに料理の動画とかあって、なんとなく観ることがあるのですが、リアクションとか、BGMとか、テロップの入れ方とか、色々なところにきめ細やかさとかプロ意識を感じます。

というか、YouTube観てる方とはいえ、技術的なことはよくわからないんですけど、なんとなくHIKAKINさんの動画ってエンタメを届けたいっていう強い思いみたいなのが伝わってくる気がしている。

性格的に手を抜けないタイプの人なんだろうなあ。

うまく書き表せないけど、そんな感じ。

登録者がもう少し(といっても50万以上)で1,000万人というのもびっくり。

登録者数を物差しにするのは賛否両論あるみたいだけど、少なくとも「この人の動画また観てもいいかな」って一瞬でも思った人が1,000万人近くいるってことでしょ?

日本の人口の1/12(半端だけど。。)くらいいるってことでしょ??

 

でもさーまだ32歳なんだよね。(しつこい)

ひうらさとるさんのVoicy

今日は、メルカリで出品していた3つの大物家具のうち、最後の1点をようやく引き取っていただきました。

15時〜18時集荷で依頼していたのに、14時過ぎにヤマトの人が来てちょっと待ってもらう羽目になったけど。。

メルカリはまだ出品が残ってるけど、たいした額にもならないのでもう止めようかな。

ホットクックを買いたかったけど、結局未開封・未使用はそんなに安くならないので、楽天でポイント溜まりやすい日とかに新品を買っても同じな気がする。

 

さて、あいかわらず散歩の日々ですが、散歩のお伴の1つ、Voicyで最近漫画家のひうらさとるさんのチャンネルを聴き始めました。

voicy.jp

ひうらさとるさんは、綾瀬はるかさんが主役を演じたドラマ『ホタルノヒカリ』の原作者の方です。

2007年のドラマだって!そんな前かー!!

私は原作から知っていたので、もう20年近く前の漫画なのかな。

もう漫画とかは読まないんだけど、『ホタルノヒカリ』はギリギリ買って読んでいた。

ひうらさとるさんの作品は、もっともっと昔のもちょっと読んでたかな。

子どもの頃、『なかよし』(懐かしい)を読んでいたのですが、その時の現役漫画家さん。

たまたまViocyで見つけて、なんとなく聞いてみたら結構面白くて今ハマっています。

 

ひうらさとるさんは、40歳過ぎにご結婚されて、今は兵庫の城崎温泉の近くにご家族で住んでいるそうですが、お話されるのは、仕事のこと(フリーランスとしてなど)、子育てのこと、エンタメ関連など色々です。

子どもの頃から知っている有名漫画家さんで、『ホタルノヒカリ』はドラマ化も映画化もされていて、ヒットメーカーの部類に入ると思うのですが、いい意味で普通というか、上から目線じゃないマイペースな感じの話し方がとても素敵。

(と言いつつ1.5倍で聴いてます。。)

ふわっとした感じの中にも、やはり第一線で活躍されるクリエイターならではの鋭い視線とかが垣間見れて、とても面白いです。

きちんと自分の考えは話すけど、けして押し付けないというか。

実物もとっても可愛らしい感じの方で、50歳過ぎているようには見えないなー。

週5で更新し続けているのも素晴らしい。

 

特に好きな回はこちら。

voicy.jp

特に散歩なんかしてると、健康のためとはいえなんかちょっと時間を浪費しているような気になってしまい、どうしても「役に立ちそうなコンテンツ」を聴かなきゃって思ってしまいがちです。

でもそうゆうのは勉強になるけど、時として疲れたりするんですよね。。

もっと言うと、そんな風に疲れるとか思ってしまう自分がダメなんじゃないかと思って、余計疲れてしまう。

実用的なものの面白さもあるんだけど、何かもっと単純に楽しめるだけのもの、雑談系のものを聴くのもいいのかなとか、あと疲れるの私だけじゃないんだなとか、ちょっとホッとした感のあった回でした。

他にもお気に入りの回があるので、それはまた別の機会に。