40代女子、東京一人暮らし日記

在宅ワークをしながら、マイペースに生きています。ストレスを溜めないことには全力投球。

1日平均8,000歩達成、7月のウォーキング

7月も目標の歩数を達成しました。

わーい。

6月は10,000歩目標にしていましたが、ちょっと大変だったので笑、7月からは8,000歩に。

たまにサボってる日がわかるな。

f:id:harunalife:20210801005458p:plain

 

年単位で見ると、5月から歩き出したのがよくわかります。

f:id:harunalife:20210801005249p:plain

この画面が好きで笑、なんかちょいちょい見ちゃう。

1年以上、ろくに歩いてなかったので、過去1年間平均だとまだまだ4,631歩。

 

10,000歩がキリがいいというか、何となく「すごく歩いてる感」があるなと思ったのですが、健康維持であればひとまず8,000歩でも良さそうだったこと、あとiPhoneを持たず歩いている時(室内とか、たいしたことはないけれど)はカウントされないのでもう少し歩いていることなどから、8,000歩にしました。

これでだいぶ気が楽になった気がする。

サスティナブルに、目標は低めでOK。

10,000歩と8,000歩じゃたいして変わらないじゃんっていう気もするのですが、8,000歩だと、たとえば疲れて1日サボってしまった日があっても、リカバリーしやすい気がします。

数日10,000歩オーバーの日を作る羽目にはなるけど、ちょっとがんばれば歩けるレベル。

6月に毎日歩いた実績もありますしね。

これも気分的なものかもしれないけど、気分は大事大事。

 

なんとなく、足に筋肉が戻ってきた?と思うことがあるけど、気のせいかなー。

もっとぶくぶくしていたと思うので。

通勤時代の歩数に戻っただけではあるけど、地味に嬉しい。

 

筋肉って最初の3ヶ月まではなかなかつかないと聞いたことがあります。

でも、その後は楽になるというか、どんどん鍛えられていくとかなんとか。

ピラティスの先生が言っていたこと(を、さらにまた聞き)なので、いわゆるジムとかでやる本格的な筋トレとは違うかもしれないけど。

真面目に歩き始めたのは厳密には5月の中旬くらいからなので、もう少しで3ヶ月かなー。

3ヶ月続いたら自分を褒めたいけれど、しかし「腰痛を治したい」というモチベーションの凄さよ笑。

腰痛は「だいぶ良くなったけど完治せず」というところをウロウロしているけど、腰痛がなくなっても散歩は続けたいと思っています。

真夏は熱中症対策を考えよう。。

浴室乾燥機を突っ張り棒で有効活用する

暑い、暑すぎる。

でも天気が良いっていいことですよね☆と無理矢理ポジティブシンキングしてみるけど、暑すぎるという思いがどうしても勝ってしまう私。

あまりの暑さに?最近やっと外でタオルを乾かすようになりました。

洗濯物じゃなくて、お風呂で使ったタオルの一時的な干し場ですね。

夜は室内にかけておいてサーキュレータを当てておき、それだけでもいいんだけど、朝、外でも干す。

今まで面倒くさかったのは、スリッパや洗濯バサミがとるのに面倒くさい場所にあったこと、物干し竿のほこりをとるのが面倒くさかったこと、などすべては面倒くささに起因していましたが、スリッパ、洗濯バサミ、物干し竿のほこりをとるウェットティッシュをすべてとりやすいところに移動させることとで解決いたしました。

段取り時間の削減は本当に大事です。

 

さて、とは言え基本的に洗濯物で乾燥機にかけられないものは、浴室乾燥機で乾かす私。

浴室には、もともと1本のポールがついておりました。

1人暮らしなので、だいたいこれで事足りますが、ちょっと不便だな〜と思っていたのはシーツを洗った時。

シーツって面積とるので、シーツを乾かすとなるとポールを占拠してしまうので、他のものが乾かせないなと思っていたのでした。

 

そこで、最近読者登録をさせていただいたこのブログにヒントを得て、突っ張り棒を1本追加することに。

yamasan0521.hatenablog.com

 

書籍とか発行されていて、有名ブロガーさん?

たまたま最近発見しただけで、詳細をよくわかっておらず恐縮なのですが、浴室乾燥機を最大限活用するために、突っ張り棒を追加しているという点がとても参考になりました。

確かに、浴室乾燥機ってスペース的に有効活用できていない気もする。。と思って、とりいそぎ浴室の幅を測って、突っ張り棒を追加してみたのでした。

f:id:harunalife:20210728211916j:plain

浴室公開。

手前のシルバーが備え付けのもの、奥の白いのがダイソーで150円で買った突っ張り棒です。

なんか細い気もするけど荷重3kgとあったのでシーツ専用で使う分には大丈夫かなと思って。

変に圧迫感出るのは嫌だったのですが、壁の白と馴染んで思ったより気にならない感じ。

ちょっと奥すぎて乾かないかな?と思ったのですが、意外といつもと同じ乾燥時間で洋服類と一緒に乾かしても問題なかったです。

ナイスアイデアに感謝感謝。

 

なんかシーツはこうゆうぐるぐるハンガーも買ったりしたんですけど、不器用だからか全然うまく使えなかったんですよね笑。

ダイソーとかにもあると思うので(100円ではなかったと思うけど)、器用な人はぜひ。

紹介したブログは、別の記事もちょっと参考にさせていただきました。

近いうちにそのことも書きたいと思います。

お茶のない生活

リモートワーク中のみなさま、仕事中のお供は何ですか?

と書いてすぐ気づいたけど、リモートワークだけじゃないですね。

お仕事のお供。

それは、コーヒーやお茶など、飲み物が外せないと思っております。

f:id:harunalife:20210728202920j:plain

コロナで売れているものの1つにコーヒーマシンなどがあって、仕事中の気分転換として飲み物の地位?があがっている気がするこのごろ。

大事ですよね。

今まで通勤していた会社では、基本的にマイカップを持っており、お茶とかコーヒーとか適当に淹れていた気がします。

ペットボトルやコンビニのコーヒーを買うことも多かったですが。

 

昨年4月からリモートワークになり、たまたまティーバッグのハーブティやドリップコーヒーなどを持っていたの自室で使っていたのですが、1番気になったのは「生ゴミが出る」ということでした。

私は電子ケトルやカップ類を机の脇のワゴンに入れて置いてあり、いつでも飲み物は飲めるのですが、ティーバッグなど生ゴミを部屋に捨てることはできず、結局キッチンまで持っていくという手間は生じてしまいます。

たいした手間じゃないんですが。。

会社では生ゴミ入れなどに適当に捨ててたのに、なんで自宅だと嫌なんだろう笑。

 

本当にたいした手間じゃないのですが、生ゴミ処理は微妙に面倒で、わりきってインスタントコーヒーにしたりした時期もあったのですが、インスタントってやっぱり美味しくはないしなと思ったり、些細なことだけどリモートワークにおける仕事中の飲み物には結構迷走した気がします笑。

昔々、ハーブティとかにハマった時期もあったんですけどね。

お茶には色々効能があったりするから、つい最近は「体に水が溜まる水滞体質の改善によい」と言われているコーン茶を飲んだりしていました。

(「水滞」は東洋医学用語ですが、その話はまたの機会に)

でも、生ゴミ問題と、ティーバッグがなくなったら買わなきゃっていうストック問題がちょっと面倒になって、今は何のお茶も飲んでいません。

コーヒーだけ、無印のカフェインレスの豆が余っているので、たまーに自動ミルを使って飲んでいるけど、ミルを洗うのが手間だったりして、実は散歩がてらコンビニコーヒーを買うことが多くなってしまっております。。

かなり簡易的なミルなんですけどね。。

 

なので、今は基本的に白湯+水(常温)生活。

ブリタという浄水機能付きのピッチャーとバルミューダの電子ケトルがワゴンにありますが、今は暑いこともあって基本的に常温の水を飲むことが多いです。

朝だけお湯を沸かして白湯みたいな感じで飲んでいます。

 

確かに、物足りないということはあるのだけど、水生活って結構楽です。

お茶の素となるティーバッグや粉末?ってすぐなくなるじゃないですか。

あれを「あ、なくなったら注文しなきゃ、買いにいかなきゃ」って考えなくていいのは思った以上に楽なんですよね。

あと、私はちょっとだけ胃弱傾向があるのですが、胃が疲れている時ってハーブティですら消化に負荷がかかってしまうと何かで読んだことがあり、それを考えると実は水や白湯が最強なのではないかと思ったりもしています。

 

今は基本、水(朝は白湯)+コンビニコーヒーで過ごしています。

なんか、冷え性に効くハーブティがあるとか聞くと買いたくなったりもするのですが笑、意外とお茶のない生活って楽だなと思っています。

「鶏あえずタンパク」にランチメニューを学ぶ

家にある食材が捌けたのを機に、何となくウーバーイーツを頼んでしまう。

人生3回目くらい。

ちょっと気になっていた「鶏あえずタンパク」というお店。

toritan.com

略して「とりタン」らしいです。

チェーン店のようで、家の近くにもたまたま店舗があり。

じゃあ買いに行ってみるかと思っていたのですが、ウーバーイーツしか対応していないそうです。

そうゆう店増えてるのかな??

メニューはシンプル

・グリルチキン+玄米

カオマンガイ+玄米

・グリルチキン+サラダ

カオマンガイ+サラダ

HPにはハーブチキン+サラダというのもありましたが、ウーバーであったかな??

オプションでチキンの増量や玉ねぎ抜きなども対応可能っぽかったです。

 

私が頼んだのは、カオマンガイ+サラダ。

玄米といえども炭水化物はまあまああるので、控えております。

ダイエット中につき。。。

 

届いたら結構なボリューム。

どーん。

f:id:harunalife:20210729135919j:plain


容器は幅20㎝以上ありました。

底も結構深くて、サラダびっしりです。

お昼で食べきれず、半分は夕食にまわす羽目に。。

チキンはボリュームあって、タンパク質摂ってる感はすごく味わえます笑。

ちょっと味付けが濃い気がしたのと、もう少しカオマンガイ感が欲しかった(どちらかと言うとサラダのドレッシングの方が強く感じた)のですが、それは好みの問題かもしれないです。

 

でもここのメニューってランチに理想的というか、参考になる感じします。

タンパク質は積極的にとりたいと思っているので、自炊で

・グリルチキン+サラダ

カオマンガイ+サラダ

をランチルーティンとして回してもいいかなと思っているところ。

バリエーション少なすぎですが、あんまりランチ(というか食事全般)で脳のリソースを使いたくないので、私は気にならないです。

脳のリソースとか偉そうに言ったけど、まあ面倒くさいことが嫌いなだけですね笑。

たまに玄米ご飯を投入してもよいと思うし。

 

今、家にあるレンジで、鶏肉のg数に対する最適熱しタイムを探っているところ。

オーブンやグリル機能もついてるやつだけど、もし鶏肉がルーティンになるようだったら、コンベクションオーブンとか欲しい気がする。。

 

外食やテイクアウトはコスト的に毎日はできないけど、たまにすると自炊の参考にもなるなと思います。

ダイエット「以外」は自分に甘くしてみる

祝!東海オンエア登録者数600万人!!

オールナイトで生放送をやってくれており、昨晩は一緒に個人事業の方の仕事を進める私。(本当は夏休みの学生向けに宿題をこなしている動画)

ライブって大好きだなー。

夜中に一人じゃない感がいい。

 

そんなことより(そんなことってことでもないけど)、ダダダダダダイエットの必要性が高まっている私。

リモートワークで太らなかった人っているだろうか。

昨年の夏は、引っ越ししたてで色々やることもあって、比較的動いてたおかげで、そこまで太らなかったのですが、昨年の冬から今にかけて体重はどんどん増加傾向に。

f:id:harunalife:20210727103739j:plain

ずっと治らない腰痛も、体重増加によって引き起こされた説が高まっております。

むむむー。

毎日、8,000歩を目指して歩いている(しかも達成できている)とはいえ、それは通勤時代の歩数とあまり変わらないんですよね。

だから、それだけで劇的に痩せるのは難しい。

 

ダラダラと生きている私ですが、どこか意識高い系の片鱗?があるような気がしていて、たとえば自己啓発本YouTubeなんかの情報に影響されて「○○しなきゃ」ってちょいちょい思いがちのような気がします。

思いがちなだけで、やらないことも多いので意識高い系ではないのだけど。

例えば、カフェイン控えなきゃとか。

それはもちろん悪いことではないのだけど、色々「○○しなきゃ」が増えてきてしまうとどうしてもストレスになってしまいますよね。

そのストレスのハードルが低い方な気はしているけど、私の場合。

 

ちょっとダイエットの必要性が高まってきたこともあって、しばらく食に関してマイルールとして課していることに関して、ダイエット目的以外のものはゆるくて良いということにしようと思っています。

例えば、アルコールを禁じていたけど、糖質が低いもの(ハイボールなど)はOKにしするとか。

 

もっと言うと、食以外でも今がんばらなくてもいいかーということは外していきたい。

人間(というか私)の意志決定力って意外と少ないというか弱いから、同時にそんなにがんばれないと思っています。

朝が最大で夕方はどんどん減ってくるんですよね、確か。

 

たとえば、積読消化ノルマをひとまずそのままで読まないでいいということにしたりとか。

逆にYouTubeはダラダラ観てOKだよ〜ってことにしようかな笑。

料理も無理して作らない、買ったり外食したりするにしても太らないメニューをセレクトすればOKとか。

 

冒頭にも書いたけど、ダイエットで1番期待しているのは腰痛の軽減ですね。

見た目もやばいけど、腰痛の意味でも緊急性が高まっている。

整体の先生も体重増加はよくないと言ってたし、知人も太ってる時がぎっくり腰になりやすいって言ってたし。。

しばらくダイエット関連以外は自分に甘く生きようと思っています。

効果はいかに。。

ランチタイムの外出願望

昨晩〜今日は久しぶりに雨でした。

梅雨時期からなるべくさぼらないようにしていた散歩ですが、ひどい台風なら休んでいいことにしています。

でも、東京は大丈夫そうかな〜。

8,000歩/日のためのストックがなくなりつつあるのでなるべく歩きたいところ。

 

さて、今日は雨が降りましたが、基本的には天気が良く暑い日が続いているので、先日「なるべく日中は外出しないようにするのはもちろん、陽が落ちてからの散歩も日傘を差すようにしました。」と書きました。

これは嘘ではなく、やはり夏場の日中はあまり外に出ない方がいいと思う気持ちに変わりはないのですが、猛暑とわかっていても、いったん昼に外に出ないとなんだかストレスを感じるなーと思うこの頃。

f:id:harunalife:20210726144010j:plain

こんな高層マンションに住んではいないです。

 

暑いから外出は夕方まで控えておこうと思っているのですが、お昼のタイミングになると、なんとなく外の空気を吸いたくなります。

外食しないまでも、ちょっとコンビニでコーヒーだけでも買いたいなとか。

 

元々、普通にオフィスに通勤していたころ、基本的にランチは外出する派だったのが関係しているのかもしれないです。

よほど時間がない時をのぞいて、あまり室内で食べるのが好きじゃなく、コンビニのご飯も基本的に好きじゃなかった。

1人で行くこともあり、同僚と行くこともありだったのですが、なんか、気分転換で外に行きたかったのかなあと思います。

あと、今は除湿やクーラーを入れており、寒くなりすぎないようにしているとはいえ身体が冷えているのか、ちょっと外に出ると血が巡るというか、血行?が良くなるようでその点も気分が良いですよね。

 

今は、基本的にお昼は家にあるものを食べているので、外食の必要はなく、できればランチ代は自炊で抑えたいと思っています。

以前は毎日1,000円前後当たり前だったけど。。

自炊はいいのですが、外に行かないとなんだかモヤっとするような気がして、ついコンビニにコーヒーを買いにいってしまう(そしてついでにお菓子なども買ってしまう)ことがあるこの頃。

むむむー。

長年の社会人生活で身についてしまった習慣なのか、人間の性質?として日光を求めているのか。

1日中室内にいて、お昼も一切外出しない同僚も一定数いた気がするけどな。

あと、お昼に少しでも歩いておくと、夕方の散歩がちょっと軽くなってその点でもいいんですよね。

ノルマ達成が楽になるというか。

 

朝の涼しいうちに散歩に行ければ「外に出たい欲求」が満たされて解決するかもしれない、しかし朝は起きれない私。

あと、自炊しやすい環境の今はちょっとお金がもったいない気がするけれど(まあ以前は毎日外食だったんですが)、例えば週1でも近所のお店で外食するとかでも気分的にはだいぶ違うのかな?

 

でも、単に慣れの問題かもしれないですね。

もっともっと暑くなったら(なるの?ならないで欲しいけど)、そもそも出たくなくなるかもしれないし、夏が終われば、また散歩タイムをお昼に戻す予定ですし。

そんな重要な問題ではないのですが、なんとなくストレスを感じることの1つなのと、何となく「気分」って結構大事だなと思うこの頃なので、ちょっとどうしようかな〜と思っています。

感動マンガ!?『女子高生チヨ』

4連休(私は5連休)は、有意義に過ごそうと思っていたものの、やはりダラダラしてしまったりして、やりたかったことの半分くらいできたかな?くらいで終わり。

でも積読は結構消化したかなー。

「これは読まないでOK」という判断=消化にした本も多かったけど。

でも、意味なく「読まなきゃストレス」を抱えがちな私にとって、それでいいかなと思うこの頃。

無理くり読んだ本ってたいてい頭に残らないので。

 

そんな中、1番読んで良かったなーと思ったのはマンガでした。

しかもコメディ寄りの少女?マンガです。

漫画家、ひうらさとるさんのVoicyにはまっている私。

過去の放送まで遡って聴いたりしている中、ひうらさんのお母様が高校に通った時の話の回があって、とっても面白かったのでちょっとマンガもダウンロードしてみました。

元々、『ホタルノヒカリ』を読んでいたこともあって、そんなようなマンガを出版されているのは知っていたのですが、なかなか購入に至るきっかけがなく、発行は2015年とだいぶ年月が経っていたようです。

 

気軽に読んだつもりが超面白かったです。

コメディなんですが、何箇所か思わず涙しまったところもあるくらい。(私だけだと思うけど。。)

ビジネス書とか、投資の本とか、偏差値高そう?な本も消化する中、このマンガが1番良かったと言わざるを得ないくらい、心が動く内容でした。

 

漫画家、ひうらさとるさんのお母様チヨさんは中学を卒業してすぐ働いており、60歳で定時制高校に通う決断をされたそうです。

定時制高校は色々な年齢の人がいるとは言え、基本は10代が中心。

その中で、「先入観をもたずに世代の違いをおもしろがる」「とにかく挨拶をする」など、自分なりの決意や作戦?をもって高校生生活に馴染んでいく様子がとても面白く描かれています。

「クラスメイトにとって、自分はやはり同級生なんかじゃなくて、ただのけったいなおばあちゃんなのではないか?」

と思ってしまう、ちょっとせつない場面もあるのですが、プールの授業や文化祭などを通して年若い同級生と仲良くなっていく様子に、なんだかほろっときます。

家庭の事情で休学されていた際に同級生がノートをとっておいてくれるところとか、チヨさんの先輩(でも年齢は10歳下)の卒業時の答辞とか、涙もろい私は何度も泣いてしまいました。

繰り返しになりますが、あくまでコメディマンガだと思います笑。

 

でも、どんな小難しいビジネス書よりも学ぶべき点が多い気がしてよかったなー。

久しぶりにあったチヨさんが、若返っていて驚いた点なども面白い。

チヨさんの学校通いをきっかけに料理に目覚めていく旦那さんも素敵です。

ミュージカル(木の実ナナさん主演)にもなったみたいですね。

すごー。

 

いくつになってもチャレンジって大事だなーとか言うとなんかちょっと安っぽくなってしまうけど、チヨさんの明るく前向きなキャラクターは、それだけでとても励まされるものがあります。

マンガでデフォルメされているところはあると思うけど、娘さんが漫画家で、世に出してくれたのをとても感謝しました。